ニュースが報道されるまでは何時間?

基本的にどのメディアも報道のソースのための情報収集というやり方に関しては同じであるといえます。
やはりこういうメディア界なども、自分達の番組や新聞、雑誌などの記事をどれだけ多くの世論の人間に読んでもらえるかに自らの存亡が掛かっているといえますので、そうしたスクープの場というものはとても重要であることには間違いがありません。
このため、その報道までに費やされる準備のための速さなどといったものは、大変な迅速性を要されるようなあり方といえます。

しかも現在は、近年においてのコンピューター技術の発達のおかげで著しくOS開発が進み、一般家庭内においてインターネット回線の普及がなされ、そこへ大変便利かつ未だかつてない速さによる情報市場においての需要を見込めたりする事が可能になりましたので、ニュース番組や記事などの報道などは、テレビ番組の場合には数秒単位、新聞の場合には数分単位、週刊誌などの場合には数分あるいは数時間単位といった具合になっている傾向がどうもあるような感じがします。

この点を考えると、メディア業界や報道業界などがいかに、その他の業界などでは考えられないような迅速性という情報収集面での早さを要されたりする世界であるかがわかる気がします。
では今から、そのようなメディア業界のうちテレビ局のニュースの場合に絞って、生放送の場合と収録の場合との2つについて、それそれそれらのあり方について触れていきたいと思います。